サイトメニュー

咬筋の発達を防ぐ

看護師

咬筋は簡単に鍛えられる

咬筋と呼ばれる筋肉の発達によって、エラ張りは目立っていきます。咬筋は、私達が食べ物を噛む時に使用される筋肉です。他の筋肉よりもよく使っているので、筋肉が鍛えられ、エラ張りができやすくなります。食べ物を噛む以外にも睡眠中に歯ぎしりをしたり、常に歯を食いしばったりする場合も咬筋は鍛えられます。エラ張りを防ぐには、できるだけ咬筋を使わないようにすることです。咬筋は他の筋肉と違い、歯や顎を動かすだけで自然と鍛えられます。咬筋をできるだけ動かさないようにしたら良いのですが、健康やダイエットの事を考えたら、食べ物を噛まないで生活するのは難しいでしょう。一度発達した咬筋を和らげるには、毎日マッサージをする必要がありますが、効果が出るまで時間がかかります。今すぐにでも小顔になりたい方にこそ、ボトックス治療がおすすめです。ボトックス治療は、骨格が原因によるエラ張りにはあまり効果はありませんが、咬筋の発達が原因であればボトックスだけで治療する事が可能です。耳と顎の中間にあるところにボトックスを注入すると凝っていた咬筋が和らいでいきます。切開だと手術後に顔に腫れや痛みがありますが、ボトックスの場合ですと顔に注射をしても顔が腫れる心配はなく、痛みもほとんどありません。注射をしていきなりエラ張りがなくなって、小顔になるのではなく、3~4週間ぐらいで少しずつ効果が現れてきます。自然に顔が細くなっていくので、周囲に整形した事をばれる事なく治療を続ける事ができます。エラ張りで注射をした場合、効果が持続する期間は半年から1年程と言われているので、小顔を保つには何回かボトックスを注入しないといけません。何度も治療を受けるのは大変ですが、ボトックスを注入し続けることで、筋肉も収縮されるので、筋肉が発達する事なく、フェイスラインがスッキリして、小顔効果を高めてくれます。定期的にボトックス治療を受ける事で、小顔になれるだけではなく、歯ぎしりや顎関節症の改善も期待できます。施術後に噛み合わせが悪く感じる事もありますが、効果が現れていくと気にならなくなりますよ。

Copyright© 2019 切開手術不要!筋肉の発達が原因ならボトックスで小顔になれる All Rights Reserved.