サイトメニュー

患部に刺激を与えない

女性

顔を強く擦るのは危険

ボトックス治療を受けた後は、安静にするのが1番です。確実に小顔効果が現れるようにするには、顔に刺激や圧力を与えてはいけません。これは顔に限らずボトックスを注入した部位全てに言えます。顔を擦ってはいけない理由は、成分の拡散を防ぐためです。マッサージをしたり、顔をゴシゴシ洗ってしまうとボトックスが浸透せず、他の部位にまで広がってしまいます。小顔になるためにボトックスを注入しても、成分が浸透しなくなったら効果が現れなくなります。寝る時も枕を顔に押し付けないように気をつけましょう。顔に圧力をかけた場合もボトックスが拡散してしまいます。仰向けに寝るようにしたら、問題ありません。施術をした後に入浴をしても大丈夫ですが、ボトックスは熱に弱いので、いつもより低めの温度でシャワーを浴びるようにしましょう。湯船に浸かる際もぬるま湯にし、長時間入浴をしないようにして下さい。いきなり体温を高めてしまうとボトックスが分解されやすくなり、効果が薄れてしまいます。サウナに入る事も禁止です。同じ理由でお酒を飲むのもよくありません。お酒を飲んでしまうとボトックスが分解されるだけではなく、顔に腫れができて、痛みが強くなります。出血が起こる危険性もありますので、ボトックス治療後は体温を上げないように注意して下さい。ボトックス治療をした後に仕事や家事、軽い運動であれば問題ありませんが、激しい運動をするのは控えた方が良いでしょう。激しい運動をしてしまうと血流が良くなってしまうので、体温を高めてしまいます。また、ボトックスを注入後は通常よりも筋肉の動きが鈍くなっていますので、無理して体を動かすと具合が悪くなったり、怪我をしやすくなったりする恐れがありますので、効果が現れるまでは軽い運動ぐらいにしておきましょう。小顔にボトックスを注入した場合ですが、施術後に食べ物が噛みづらいと感じたら、硬い食べ物は控えた方が良いでしょう。ボトックスを注入してもアフターケアを間違ってしまうと、顔や体に異常が出る場合もあります。自己判断でケアをしてしまうと小顔効果が薄れてしまうこともありますので、治療が終わったら医師に正しいケア方法を教えて貰った方が良いでしょう。

Copyright© 2019 切開手術不要!筋肉の発達が原因ならボトックスで小顔になれる All Rights Reserved.